海外コスメでビジネスチャンス!化粧品輸入代行とOEM製造で儲ける

化粧品

量産化が可能

メイク用品

OEMの請負をしているメーカーに化粧品製造を依頼するのは、自社で製品化が賄えない企業だけではありません。既に製造ラインを持っている企業も、外部の業者へOEM請負の発注をしているケースが多く見られます。特に化粧品販売をしている企業に選ばれているサービスとして話題だとか。
「既に製造の基盤を持っているはずなのに、わざわざどうして外部に委託するのか?」という疑問があるかもしれませんが、実はこれには理由があります。まず、企業が求めているのは試作品の開発や製造ラインだけではなく、量産化できるラインを求めているケースもあります。しかも、安定して量産したいというよりはニーズがある時期だけ生産拠点を確保したいという事情があるので、融通の利くOEM請負のサービスが選ばれているのです。

化粧品の量産は、食品や日用品と比べると難しい点がたくさんあります。というのも、基本的に製品の機能性や有効性などの観点から、製造してから日持ちするものではありません。中にはすぐに販売して売り切らないと、成分が変化するものも少なくありません。そうなった時に考えないといけないのが、あまりにOEM製造で量産して余剰在庫を残さないことでしょう。余剰在庫を残しても販売できればいいですが、販売できずに破棄してしまう可能性があるならマイナスとなります。このあたりは損益分岐点を考えて判断しないといけないわけです。
ただ、化粧品をメインとしたOEM請負は、小ロットでも対応してくれるところが多いです。つまり、余剰在庫を抱えるリスクを減らしながら必要な製品数だけ確保することができるので、無駄なくビジネスができるのです。